日頃に溶け込む「福の湯」

大田区蒲田駅舎東口から足15分のところにいる「福の湯」は、のんびりとした閑静な屋敷ストリートの中にある銭湯だ。長期間休養内でしたが、デザイナーズ銭湯としてアップデートオープンしました。

モダンに生まれ変わったので、恰好から至極おしゃれな感じだ。提灯も「bath house Foo-Qoo」といったモダンなデザインで、どうやら銭湯だとはもしもしかりません。内側も竹や玉砂利によるおしゃれな余裕が広がっていらっしゃる。

浴場へ混じるところに因る店舗は、一本調子ですが清潔感があり素敵です。脱衣所には英国の関心ロックバンドoasisの曲が流れていらっしゃる。浴室はシンプルな造形で、全体的にグレーを形にしたシックなデザインになっています。洗髪やボディーソープが備え付けてあるので、フラッと手ぶらで加わることができます。

お風呂はジャグジーといった岩バスがあります。岩バスは、浴槽の中から輝きが照らされて、親分からは鳥のさえずりが聞こえてくる不思議な余裕になっています。露天風呂ではありませんが、至って傾向の良い感じになっています。

スッキリとして幅広いウエイティングルームには、カウンターテーブルが設置されてあり、生ビールを食らうこともできます。お仕事帰りにお風呂で消耗を癒し、グビッというビールを飲んで家に帰る、そういう支出の振る舞いをしている客も多いようです。銭湯には、昔ながらの感じをもちまして残すカタチ、カラオケや集まり地点などのエンターテイメント事項を含んだカタチなど、さまざまな数々がありますが、こういう福の湯はそのどれでも無く、日常生活の一部という居心地の良いデザイナーズ銭湯だ。ミュゼ宇都宮の美容脱毛なら美肌トリートメント効果アップ